コンサルティングポリシー

名古屋コンサル21のコンサルティングポリシー

名古屋コンサル21は、お客様からのミッションを確実に遂行させて戴くために4つのお約束を致します。

高いコンサル品質の提供

名古屋コンサル21のコンサルティング行動は、お客様から受託したコンサル規模の大小に拘わらず常に2人以上で対応させて戴きます。これはコンサルタントのペア行動により、スキルの相互補完や負荷分散ができるので、お客様へ効率的なサービスの提供のみならず、期間短縮も図ることができます。

お客様とコンサルティング目標をコミット

ご依頼のコンサルティングを完遂するために具体的な目標を提示させて戴き、お客様にコミット致します。この目標が実現できなければコンサル費用を戴かないポリシーで取り組んでまいります。

パートナーシップ

お客様とは共に喜び合い長いお付き合いを望んでおります。経営者の良き参謀として、ITシステム構築のときは、IT投資の成果が期待値を超えるよう、業務運用においては組織(現場)への定着化を目指してご支援をさせて戴きます。

またITシステムを安定稼働させていくには企業内のIT人材の育成が必要です。この人材育成に対してIT部門の組織化、育成指導、キャリアパス提案、人材の実践教育などについてもご指導させて戴きます。

プロフェッショナルサービス

お客様の期待通りのITシステムが構築でき、利用部門(現場)に定着して真価を発揮するには、経営者の思いを正確にくみ取り、利用部門(現場)が満足するITシステムでなければならないと、名古屋コンサル21は常に考えております。

この思いと利用のし易さは大概の場合、相当なギャップがあるもので、これを早期に解決しITシステム価値を発揮できるようにご支援するのが、名古屋コンサル21のミッションでありプロフェッショナルであると自覚し取り組んでいきます。